膝の痛み

イラスト 膝痛

  • 膝の痛みで歩くのが辛くなる
  • 腰から足先にかけてしびれがある
  • 正座で膝を曲げることができなくなった
  • 小さい段差でつまずくようになった
  • 長く歩くのが困難になった

膝の痛みの原因は?

施術写真 膝膝痛の原因は痛みが出る部位によって2つに分けられ膝の外側と内側の痛みがあります。
外側は主に筋肉系に原因があることが多く、筋力よりも大きな負担がかかった時に起きると考えられます。
内側は靭帯、軟骨などの筋肉以外の部分が原因の場合があります。

膝の痛みの中でも多くの方が悩まれている「変形性膝関節症」は筋肉、軟骨、両方が関係して起きます。
加齢により、軟骨がすりへり運動量も減っていくため骨をしっかり支えることができなくなり、さらに軟骨がすり減り痛みを加速させていきます。
また、若い方でも膝が痛む時があります。
スポーツ、過剰な運動で起きる場合とO脚、X脚のなどの脚の形が要因して痛みが出ている場合があります。
運動であれば、少し休む、正しい身体の使い方を覚えてる、筋力を上げること、無理をしないことが大切です。
O脚、X脚の方は元々の体型や成長とともに徐々になっていく方もいます。
どのようなものでも原因は筋力が低下し、骨格を支える力が弱くなり姿勢が悪くなっていくと膝に負担がきて痛みが出てくるパターンです。

膝の痛みの解消

加齢の場合は筋肉の衰えから膝の軟骨がすり減り骨と骨が接触し痛みが出てきます。
予防には膝周辺の筋肉を強くすることが重要です。
ご自身でできる痛みの出ない程度のストレッチ、優しいマッサージを定期的に行うのも効果的です。
日常生活の中でも洋式トイレを使う、布団をベッドに変更する、正座にならないようにするのも膝をいたわる方法です。

体重の増加の場合

体重が増えると膝への負担も倍増します。食生活の見直しや軽い運動から始めていきましょう。
女性は妊娠により短期間で体重が増え膝痛を感じる方も少なくはありません。
ヒールの低い靴にする、重い荷物を持たないようにするといった工夫ができます。

運動不足の場合

運動不足は筋力の低下につながります。筋力が低下すると骨格を支える力が弱くなるので上半身の重みが膝にかかってきます。
膝が痛くなると運動を避けるようになり運動不足が進み悪循環になります。
身体の負担が少ないプールでのウォーキング等がおすすめです。

膝の痛みの施術方法は?

写真 足膝痛の原因には筋力の衰えによるものが多く、その筋力をつけるために楽トレ(EMS)を併用して施術します。
痛みの少ない矯正と組み合わせるので歪んでいた骨格を正しい位置に戻しつつ筋肉をつけていきます。
楽トレ(EMS)は電気が通る専用のパッドを鍛えたい部位に貼って横になっているだけで鍛えられるので、ふだん運動をしない方や体力の少ないお年寄り、女性でも気軽にご使用頂けます。
なかなか鍛えにくい深いところの筋肉を鍛えて良い姿勢を保ち膝痛の無い暮らしを目指しましょう。