肩の痛み

イラスト 肩こり

  • 肩が痛くて腕が上げるのが辛い
  • 肩がこわばって首、肩が回せない
  • 同時に頭も痛くなり悩んでいる
  • 少し楽になってもすぐにまた痛みが出でくる
  • いつも肩が重くだるくなる

肩の痛み、肩こりが起きる理由は?

施術写真肩こりは大人から子どもまで国民病といえるくらい多くの人が抱える症状です。
肩こりがひどくなる要因は長時間同じ体勢で座っているようなデスクワークや、長距離運転、重い物をもったり無理な状態でいる事が多い家事、育児により肩を酷使する事でいわゆる肩こり、肩の痛みが起きます。

肩の筋肉は様々な動きを可能にするために複雑な構造になっています。
表面の固い筋肉だけを強くもんでいても深層の筋肉には届いておらず肩全体の血流が悪いままとなり更に肩のコリや痛みを進行させてしまう傾向にあります。

肩の痛みは固い筋肉が神経や血流を圧迫し頭痛や自律神経系の不調を引き起こす要因になる場合もあります。
「なんとなくだるい」「肩こりがひどくなると頭が痛くなる」といったまま放置せずに、身体を適度に動かし、しっかり全身を使うことで肩の状態は緩和されます。
ご自宅でも毎日ストレッチ、マッサージを行うことは筋肉の緊張をゆるめるには最適です。

肩の痛み、肩のコリは不調の出ている部分だけでなく肩甲骨、背中、腰、脚が原因で起きてる場合があり、マッサージ店に行ってもすぐに再発するのは一時的にしか解消できてないことが多いからです。

肩のトラブルは生活習慣によることが多く、原因は人それぞれです。
ヒアリングをしっかり行う接骨院を選びましょう。

肩こり解消

マッサージ

肩こりイラスト全身をゆるめて血流をよくするマッサージは適度に身体に刺激を与えるので良いのですが、マッサージ店のような「痛いところだけをもむ」といった方法では、しっかりヒアリングを行い原因を見極めるわけでは無いので柔道整復師などの身体の専門知識のある施術者にみてもらう事も重要です。
肩こりが酷い時は強いマッサージを求めてしまいがちですが、逆に筋肉を痛めてしまい逆効果になる事もあります。

運動とストレッチ

長時間同じ姿勢でいるデスクワークや車の運転、育児、介護で日常生活で身体に負担がかかる方は軽いストレッチで固くなった部分をほぐすのは大切です。
短時間に激しく行うのではなく定期的に適度なストレッチを行うことで筋肉を動かし、深層筋を意識してしっかり鍛えましょう。

姿勢

肩こりの人の特徴に猫背、反り腰があります。

姿勢が悪いと一部に負荷がかかり日常生活を送っているだけで肩の痛みが増してしまいます。まずは姿勢をととのえる事が肩こり、肩の痛み解消へつながります。

肩の痛みの施術方法

施術の写真当接骨院は不調を取り除いて終わるのではなく、再発しにくい身体へ導きます。
筋肉の奥にあり生命維持に重要な深層筋を緩めて身体をフラットな状態にします。

深層筋を鍛えると基礎代謝が上がり、動作をしっかり支えるので良い状態を維持できるので肩こり防止、肩の痛みにも効果を期待できます。

施術の前後に深層筋を鍛え良い状態を長く維持できるように楽トレ(EMS)を導入しております。
運動が苦手な方、体力に自信がない方でもお腹に専用のパッドを貼り、横なっているだけなので、どなたでも続けて頂けます。
他の院では満足できなかった、今通っている院の方針に不満がある方は是非お電話ください!
丁寧なカウンセリングであなたに合わせた施術をご提供します。