交通事故・むち打ち

イラスト 事故

  • 交通事故に遭ってから身体の倦怠感がひどい
  • 事故後、天気が悪くなると頭が痛くなる
  • むち打ちになってから首、肩に違和感がある
  • 交通事故後から寝付きが悪くすぐに目が覚める
  • 身体のあちこちに不調があり、どこへ相談すればいいのか分からない

交通事故よるむち打ちはなぜ長引くの?

写真 むち打ち施術交通事故の中でも特に追突事故に多い「むち打ち」は完全に痛みがとれるということが少なく長年、悩まされる方もいらっしゃいます。
なぜ、むち打ちはこのように長引くのでしょうか?
それは、むち打ちが起きた状況に関係します。
交通事故による、むち打ちでは多くは追突事故によるものなので、身構える間もなく大きな衝撃がくるのでシートベルトで固定されていない首は大きく揺れ、鞭のようにしなります。
首にはたくさんの神経が集中しているので筋肉と同時に神経も痛めてしまいます。
一度、傷ついた神経は完全に症状が無くなるまで時間がかかり、慢性的になることもあります。

同じむち打ちでも損傷した部位によって不調の現れ方が変わります。

首の捻挫の場合

主に「頚椎捻挫(むち打ち)」があります。
・首を動かすと痛みが走る ・首を中心に重たくだるい

神経を損傷した場合

事故の怪我の具合によっては神経まで痛めてしまう事もあります。
自律神経が傷つくと…
・めまい ・吐き気 ・耳鳴り ・寝付きが悪い

脊髄を損傷した場合

大きな事故に遭うと脊髄を損傷することもあります。
・身体の麻痺 ・見る、聞く、話す等の五感に関わる部分の変調 ・歩行が困難

交通事故直後に違和感が現れない時でも翌日または数日、数週間たってから違和感を感じる人もいます。
直後は身体が興奮状態で一時的に痛みを感じにくい状態になります。
「それほど痛みを感じないから」「一日横になっていれば大丈夫」と放置していると、不調が現れても何が原因なのか、はっきりと判断することが難しくなります。
身体の違和感を感じたら事故直後~数日以内に近くの医療機関に相談しましょう。

交通事故のむち打ち治療とは?

施術写真 背中まずはお話しをしっかり伺います。
事故による痛みなのか判断できないものでも違和感を感じるものは教えてください。
自己判断で関係ないと思っていても身体のプロからみると違う場合があります。
身体の怪我とは関係ないような気分の落ち込み、食欲不振、不眠も神経を痛めている事も考えられます。

交通事故の怪我の痛みが強い場合は電気施術器で和らげていきます。
また交通事故の怪我では1ヶ所だけでなく複数の箇所を痛めている事が多いため治療の初期は炎症や腫れ抑えることを重視して行います。
腫れが引いてからは症状が出ている状態に合わせてお一人おひとりにあった施術をご提案します。

整形外科や他の病院とも併用で通えます。
それぞれ得意分野があり、接骨院は特に画像診断では分かりにくい筋肉系の施術が得意です。
今、通われている院の方法に満足できないという方も転院可能です。
事故のリハビリのために通うこともできます。

事故には保険のやり取りが必要になってきます。
交通事故で傷ついた身体で事故の相手や保険会社の煩雑な書類手続き等、これまで経験が無いようなことに悩まされます。
周囲に話せる人がいない、誰に聞けばいいのか分からない時はまずご相談ください。
当接骨院グループは事故に遭った方々が多く通われています。
経験で得た知識や情報を共有しより良い交通事故治療をご提案できるように努めています。