産後骨盤矯正

イラスト 産後

  • 出産後から骨盤の開きが気になる
  • 産前の服がどれも着れなくなった
  • 産後から股関節、恥骨の痛みで辛い
  • むくみ、冷えが産後から強くでるようになった
  • 下半身の脂肪が落ちなくなってきた

産後太りの理由は?

写真 産後妊娠すると一部のホルモンが赤ちゃんを守るために母体に脂肪をつきやすくします。
特に下半身にボコボコとした脂肪をつけるので、赤ちゃんを守る大切な役割があります。
妊娠前と比べると太りやすくなるのでさらに脂肪が蓄積されていきます。
出産後は脂肪がつきやすいホルモンの分泌が減るので出産前の体型に戻りやすい時期になります。
しかし妊娠中の食の好みの変化または骨盤ベルトが合わなかった、運動する時間が無いといった色々な事情で体型が元に戻らない方も多くいらっしゃいます。
妊娠から出産まで赤ちゃんを支え守るために骨盤は開きやすくなっています。
その状態はガニ股のような歩き方、体型になるのでさらに下半身が太ってみえてしまいます。
骨盤は産前の状態に戻ろうとする機能はありますが、子育てにより慣れない姿勢でいる事が多く、育児、家事、睡眠不足が重なると身体がゆっくり休まる時間もあまりなく、筋肉の緊張が続くため骨盤が元に戻りにくくなります。
骨盤は緊張した筋肉に引っ張れるような形で歪んでいたり、開き気味でいると支えられていた内蔵も下がってしまい、ぽっこりお腹が目立っていたり、内蔵機能も本来の位置から外れているので機能が低下し体のあらゆるところに影響が出てきます。
産後から急に冷えがきつくなった、疲れていても夜眠れない便秘気味尿もれむくみといった出産とは関係無いような体の不調が続く時はご自身の身体に注意を向けましょう。

産後骨盤矯正はなぜ必要なの?

写真 産後施術「矯正」は骨盤を産後の状態に戻すために骨格を整えていく施術です。
元の位置に整うと内蔵も本来の機能を充分に発揮でき、基礎代謝の向上、下半身太りの解消、脂肪が落ちやすい体質に向けて施術していきます。
骨盤は身体の土台とも言われるとてもデリケートな部分です。
雑誌、テレビ、ネットの知識から自己流で行って痛めてしまう事もありますし、その部分だけをストレッチしてもすぐに元の状態になってしまいます。
妊娠、出産で身体に大きな負担がかかると元々弱かった腰や膝にも影響が現れます。
当接骨院はプロの視点で不調を見極め、全身から整えてまいります。
産後骨盤矯正の前には腹式呼吸の方法をお伝えし骨盤の測定も行います。
食事、日常生活のアドバイスもさせて頂きます。

ベストな開始時期と回数の目安

産後1ヶ月以内は体調が安定しないこともあり、産後2ヶ月~6ヶ月の間に始められるのがおすすめです。
※帝王切開の方は3ヶ月~がおすすめです。不安がある場合はご相談ください。

1度でも効果を感じていただけますが、1度でキツイ矯正を行ってしまうと身体への負担も大きく精神的にも苦痛を感じてしまいます。
良い状態を定着していくために個人差がありますが平均20回~24回程度の施術が理想です。
日頃の育児、家事で固まった筋肉を緩め、骨盤が本来の位置を記憶させていくことが大切です。
最初は少し間隔を詰めて週2回通っていただきます。